デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > JPEGとRAWの違い

JPEGとRAWの違い



デジタル一眼レフカメラや上位コンパクトデジカメなどでは、画像の保存方式を選ぶことができます。

デジタルカメラで撮影された画像は、JPEG(ジェイペグ)方式と呼ばれるファイル形式でメモリーカードに保存されるのが一般的ですが、もうひとつRAW(ロー)形式と呼ばれるファイル形式で保存することもできます。

JPEGファイルとRAWファイル、違いは何なのかちょっとお話したいと思います。




JPEGとRAWは全く違う性質

まず、デジタルカメラで撮影された画像は、カメラ内部にある処理装置で色合いやコントラストなどの調整、圧縮などを行った後でメモリカードに保存されます。普通はカメラで一通り加工された状態で、JPEG形式として保存されます。
JPEG形式はいわば完成状態として出力されるファイルです。私たちが普段カメラで撮影して記録している形式はほとんどがこのJPEGという方式ですので、すぐパソコンやスマホで撮った写真を見たり、お店でプリントもできます。

一方RAWは日本語で「生・未加工」という意味です。カメラの処理装置で調整や圧縮などを行わず、生の状態で直接メモリカードへ保存します。

JPEG形式は言ってみれば出来上がりの料理、RAW形式は調理前の状態と言えばわかりやすいかもしれません。




RAWファイルのメリット

JPEGもRAWファイルもカメラでは撮影した画像を再生・プレビューできますが、RAWファイルは生の状態のため、専用ソフトをインストールしないとパソコンでは見ることができません。
とはいっても専用ソフトはカメラを買うと一緒に付属されていますし、大手メーカーならサイトからダウンロード可能なので困る必要はありません。


さて、ここからが本題ですが、前述したとおりRAWファイルは未加工の状態なので、後から明るさや雰囲気、ホワイトバランスなどを自由に変えることができます。

JPEGで撮影した画像は、すでに完成されて出力されているため、明るくなりすぎてしまったり、色合いが変になっていたりする写真は、修正するのがとても難しくなります。レタッチソフトなどで強制的に調整も可能ですが、極端に不自然になったり、色合いがおかしくなったりします。

一方RAW形式は画質を劣化させることなく、色合いやコントラスト、ホワイトバランスなどの調整が可能となるため、万一撮影時にちょっと失敗してしまったような写真でも、上手に修正することができます。

料理後の味付けの変更は難しいが、料理前なら味付けのアレンジも楽々できる・・・てな感じでしょう。






失敗が許されない時にはRAWファイルを

一流のプロカメラマンでも時には露出や設定をミスして、失敗してしまうこともあるでしょう、まして初心者ともなれば、絶妙の条件を出すこと自体難しいと思います。

例えば、一生に一度の結婚写真や成人式、旅行や行事など、なかなか撮りなおしがきかない場所で、撮影に失敗してしまったら目も開けられません。

とりあえずRAW形式で保存さえしておけば、後からどうにでもなるので、RAW形式で保存しておくことをおすすめします。

カメラによっては、RAWとJPEGを同時に記録することも可能なので、そちらの設定もよいでしょう。



RAW形式で保存する場合、容量と書き込み速度に注意

RAW形式は無圧縮のため、JPEGに比べると写真1枚あたりの容量が多くなりますので、撮影枚数が普段のJPEG撮影に比べて少なくなりますので、撮影できる枚数に注意が必要です。

また、高速で書き込みができるメモリーカードを使わないと、高速連続撮影ができない場合があるので、読み書き速度が速いメモリカードを選ぶ必要があります。(詳しくはこちらを)

パソコンに保存する際も、RAW形式は容量が大きいので、HDDやDVDなどに保存する際も注意しましょう。




私たちが普段何気なく撮っている写真データはJPEGと呼ばれる種類のものです。しかし、デジタル一眼レフカメラや一部の高級デジカメにはRAWと呼ばれるデータで記録することができます。
ここでは用途に応じた賢いメモリーカードの選び方をご紹介するとともに、売れ筋のおすすめメモリーカードもご紹介いたします。
デジカメで撮影したデータを写真屋さんに持っていて現像してもらうと、「アレっ、何か切れてる?」と思ったことはありませんか?

スポンサーリンク