デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

JPEGとRAWの違い

最終更新日:2019年5月2日

デジタル一眼レフカメラで記録される画像の種類には、JPEG(ジェイベグ)とRAW(ロー)の2種類があり、カメラの設定で保存方式を選ぶことができるようになっています。一般的にはJPEGで記録されている方が多いと思いますが、JPEGファイルとRAWファイル、違いは一体何なのでしょうか。ここではJPEGとRAWの違いについて、初心者にもわかりやすく説明していきたいと思います。

JPEGとRAWは全く違う性質の画像ファイル

デジタルカメラで撮影された画像は、カメラ内部にある処理装置で色合いやコントラストなどの調整、圧縮などを行った後でメモリカードに保存されます。普通はカメラで一通り加工された状態で、JPEG形式として保存されます。

JPEG形式はいわば完成状態として出力されるファイルのことを言います。私たちが普段スマホなどのカメラで撮影して記録している形式はほとんどがこのJPEGという方式ですので、すぐパソコンやスマホで撮った写真を見たり、お店でプリントもできます。

一方RAWは日本語で「生・未加工」という意味です。カメラの処理装置で調整や圧縮などを行わず、生の状態で直接メモリカードへ保存します。

更に細かく言いますと、RAWではJPEGに比べて比較にならないほど多くの色情報や諧調情報を持っていて、JPEGは色の調整後に要らない情報を削除して記録することを意味します。この辺りは非常に難しいので、どうしても理論的に知りたい方はほかのサイトをくぐって調べてみてください。

ここは初心者向けサイトなのでそこまで難しい説明はしません。簡単に説明するとJPEG形式は言ってみれば出来上がりの料理、RAW形式は調理前の状態と言えばわかりやすいかもしれません。


例えば、ある写真がカレーだったとしましょう。(かなり無理がありますが・・・)
RAWデータは調理前、加工前の材料と言えますから、玉ねぎやニンジン、お肉やカレールーも材料のままです。味の濃さはもちろん、甘口カレーや辛口カレー、玉ねぎ多めや肉多めなど、どんなカレーでもつくることができます。調理したカレーライスがJPEGであり、JPEGファイルとなって出力されます。


次にJPEGのカレーを見てみましょう。JPEGは出来上がり品ですから、つまり完成されたカレーになっています。すでに調理済みのカレーを何とかして辛口カレーや薄いカレーにしたいと思っても、無理やりルーを足したり、水を加えたりしなければならないので、調理方法に無理がかかってきますよね。写真も同じことで、すでにJPEGになっている写真は後から加工しずらいといった性質を持っています。

後からソフトで編集・現像するのならRAWで記録するとよい

RAWファイルは生の状態で記録されているので、後から編集や現像(現像とはJPEGに出力すること)を行うことが前提となっています。つまり画像としては未完成のファイルであるため、RAWデータはそのままスマホやパソコンなどで見ることはできなくなっています。(専用のビューアソフトやアプリをインストールすれば別)

前述したとおりRAWファイルは未加工の状態なので、後から明るさや雰囲気、ホワイトバランスなどを画質を劣化させることなく自由に変えることができます。

JPEGで撮影した画像は、すでに完成されて出力されているため、明るくなりすぎてしまったり、色合いが変になっていたりする写真は、修正するのがとても難しくなります。レタッチソフトなどで強制的に調整も可能ですが、極端に不自然になったり、色合いがおかしくなったりします。

一方RAW形式は画質を劣化させることなく色合いやコントラスト、ホワイトバランスなどの調整が可能となるため、撮影時にちょっと失敗してしまったような写真や、後から雰囲気を変えたい場合にも上手に修正することができます。

料理後の味付けの変更は難しいが、料理前なら味付けのアレンジも楽々できる・・・という感じですね。

ですからRAWファイルは編集してなんぼ・・・の世界です。そのためにはRAWファイルを編集したり現像したりするソフトやアプリが必要になります。基本的にはデジタル一眼レフカメラを買ったときにメーカー製のソフトが同梱されています。Canonであれば「Canon Digital Photo Professional」、ニコン系であれば「Nikon Capture NX-D」など、純正のソフトを使うことができます。またサードパーティ製では、アドビから発売されている「Lightroom」や「Photoshop」などが有名です。

これらのソフトを使って編集することが前提のRAWファイルですので、「味付けはカメラに任せてそういった編集はしない」と考えている方はあえてRAWファイルにする必要はありません。


RAWとJPEGのメリットデメリット

RAWとJPEGの特徴を一通り説明させていただきましたが、それぞれのメリットとデメリットを少し見てみましょう。

   RAW  JPEG
 データの大きさ  多い(JPEGの3~5倍)  少ない
 明るさの調整  容易(諧調があれば修正できる)  難しい(白飛び・黒つぶれしやすい)
 ピクチャーバランスの調整  容易(画質が劣化しない)  難しい(画質が劣化する)
 ホワイトバランスの調整  容易  難しい(画質が劣化する)
 撮ったカメラでの再生・閲覧  できる  できる
 パソコンやスマホでの閲覧  制限あり  できる
 そのままプリント  不可  できる
     

RAWファイルは情報量が非常に多いため、画像1つあたりの容量がとても多いのが特徴です。その容量はJPEGの数倍になります。例えばJPEGなら5MBで済む容量であっても、RAWだと20MBの容量を取るので、写真を保存するには多くの空き容量が必要となります。
また、連写する場合は高速でデータを書き込みしなければならないため、高速アクセス対応のメモリーカードが必要です。2000~3000万画素のデジタル一眼レフカメラなら、アクセス速度がクラス10以上で、16~32GBのメモリーカードを準備すれば問題ないかと思います。

パソコンに保存する場合も同じく、多くの容量が保存できる外部記憶装置が必要です。何枚も保存するなら1TB以上のものを準備するようにしましょう。

またRAWファイルは写真ファイルとしての汎用性が低いため、そのままのデータでは使い道がありません。レタッチソフトや現像ソフト等でJPEGに変換する必要がありますが、画質を劣化することなくホワイトバランスや色合い、明るさなどを調整することができるのが最大の魅力です。失敗が許されないシーンや、後から雰囲気を変えたいシーン、明暗差が極端にあるようなシーンはRAWで撮影しておくと安心です。

JPEGのメリットは何といっても扱いやすさとデータの軽さと言えます。カメラ側でしっかり設定してあげればJPEGだけでも問題はありません。撮影したJPEGデータは他のカメラやスマホ、パソコンなどでもすぐ閲覧できますし、メモリカードをデジカメプリント屋さんに持っていけばすぐにプリントもできます。

しかしJPEGは完成された画像ファイルなので、後からの明るさや雰囲気の変更ができないのがデメリットと言えます。JPEGはやり直しが効かないので、「後でレタッチするかも」と考えている場合はRAWで記録するようにしましょう。


カメラによってはRAW+JPEGの同時撮影もできる

「手軽に扱いたいJPEGも撮りたいけれど、後から編集もしたい」という欲張りな方は、RAWとJPEGを同時記録できる設定にしましょう。カメラによっては設定が可能なので、試してみてください。
同時記録にすると、写真1枚当たりの容量は(JPEG1枚+RAW1枚)分になるので、かなりの容量になります。連写に制限が出たり、アクセスが遅くなる可能性があるので、できるだけ高性能なメモリーカードを準備しましょう。

JPEGとRAWの違い まとめ

・JPEGは完成された写真ファイル、RAWは未加工の生ファイルのこと
・料理に例えればJPEGが調理されたカレー、RAWは調理前の材料に置き換えられる
・RAWは明るさや色合いを劣化させることなく編集が可能だが、容量が多いのがネック
・JPEGは軽く扱いやすく、汎用性が効くが、後から編集すると画質が劣化する
・編集を前提とするならRAW、カメラの設定だけで完結させてしまう場合はJPEGで
・大容量が必要だがRAW+JPEGのダブル記録なら安心

このようにRAWとJPEGでは記録される部分に大きな違いがあります。編集や現像もデジタル一眼レフカメラの楽しみの1つと言えますので、撮影に慣れてきたらRAWでの撮影も挑戦し、自分の納得いく画像に仕上げてみるのも面白いのではないでしょうか。上記を参考にJPEGとRAWの違いを理解してみてください。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP