デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > アクセサリを使いこなそう > リモコンとレリーズ

リモコンとレリーズ




カメラアクセサリーシリーズ、今回はリモコンとレリーズについてご紹介していきましょう。リモコンとレリーズは良く似たものだと思っている方も多いかと思います。

基本的にはカメラに触れずにシャッターを切るものですが、用途や使い勝手が少し違いますので、勉強しておきましょう。




リモコンは手軽に遠隔操作

カメラも昔の機械式から電子式その世代を交代し、とくにデジタルカメラになってからは
コンピュータを搭載したハイテクマシンになりつつありますね。

機種によっても少し違いはありますが、大体5mくらい離れて遠隔操作が可能なので、手軽に自分撮りをしたり、タイマーの時間を気にせず好きなときにシャッターを押せるので大変便利です。

押した瞬間にシャッターを切れる即レリーズと、数秒後にレリーズできるように切り替えられるタイプが主流です。

半押しができないので、基本はリモコンのボタンを押すとカメラがピントを合わせてシャッターを切ります。
あらかじめピントを合わせておいて、レンズのフォーカスモードをマニュアルにすれば、失敗もなく綺麗に撮影できます。

純正のもので2000円程度、海外製の安いものだと数百円で売っていますが、それほど高いものでもないので純正をおすすめします。








長時間露出を自在に操るならレリーズを

一般的にはレリーズと呼ばれていますが、正しい名称はリモートレリーズと呼びます。

以前のカメラではシャッターボタンに取り付け、柔軟なワイヤーがついたケーブルを伝って離れた所からシャッターを切るタイプでしたが、最近では電子式で、端子に取り付けたワイヤードタイプが主流です。

先に説明したリモコンもこのリモートレリーズの一種ですが、ここでご紹介するレリーズはワイヤードタイプの物とさせていただきます。

まず、レリーズはシャッターボタンとほぼ同じ機能がついている場合が多く、半押し状態によるフォーカスロック、更に押し込むことによってシャッターが切れる仕組みになっています。

少しでもブレると台無しになる超望遠撮影や夜景撮影などには是非必要なアイテムです。

それから、BULBモードにすることにより、シャッターボタンを押している間ずっとシャッターを開きっぱなしにすることも可能、夜空などは数分間シャッターを開けたままにすることも多く、シャッターを押したままロックして手を離すこともできる機能を備えているものもあります。

花火などタイミングを見計らっての撮影など、使える用途は多いですので、ひとつあればいろんなシーンで活躍できるでしょう。

価格は純正タイプで2000円前後です。





タイマーレリーズはインターバル撮影で活躍

タイマーレリーズはレリーズを進化させたアイテムで、シャッターを押す時間や間隔、回数などを任意に設定することができます。

一定間隔で撮影ができるので、星空が動いていく様子を撮影したり、街中で人や車が動き回る様子をインターバル撮影してみたりと、特殊な撮影が必要な時に役立ちます。
気になる方はインターバル撮影、微速度撮影で検索してみるといろいろ出てきますので是非検索してみてください。

純正はかなり高価ですが、カメラアクセサリーメーカーなどでも発売されています。エントリー機ではプラグ形状が違うため使えない場合もあるので、よく確認してから購入してください。






ちょっとした準備とコツをつかむだけで、きれいな星空を撮影することができるので、初心者の方もどんどんチャレンジしてみましょう。
夏の夜空を彩る花火、一瞬で終わってしまうその美しい花を写真におさめたい人もたくさんいるかと思います。花火の撮影方法をご紹介します。
初心者には難しいと思われがちな夜景撮影ですが、コツと要領をつかんでしまえば誰でも美しい夜景撮影が楽しめちゃいます。

スポンサーリンク