デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 性能・機能解説 > 測距点とAF性能

測距点とAF性能



カメラにとってピントを合わせることはとても重要なことです。ここではカタログや性能指標の一つとなる測距点とAF性能についてご案内いたします。



測距点って何

測距点(そっきょてん)とはフォーカスポイントともいい、オートフォーカスでピントを合わせるためのポイント、目印のことを言います。

デジタル一眼レフカメラのファインダーをのぞくと、小さい枠が中央や周辺に並んでいます。

これらの枠に被写体を重ねてシャッターボタンを押すとピントが合い、撮影することができます。逆に枠以外の場所ではピントを合わすことはできません。


写真左側は入門機、右側は中級機のファインダー画面

入門機の測距点は数えるほどしかないのに対し、ハイクラスのカメラになると、測距点が多くなります。測距点が多くなると、ピントが合わせやすくなり、特に激しく動く被写体(スポーツ撮影や鳥、飛行機や飛んでいる昆虫など)に対して威力を発揮します。(枠にかかってさえいればピントを合わせることができるため)

測距点の数ですが、入門機では9~11点、中級機では19~51点程度、
ハイアマチュアやプロフェッショナルの上級機になると、51点を超えるものもあります。

また、ピントを合わせる範囲を細かく設定できることもできますので、測距点が多いことはいろいろな意味で有利です。





AF(オートフォーカス)の仕組み

オートフォーカスとは、シャッターボタンを半押し状態にした時に、カメラが自動的にピントを合わせてくれる機能で、一眼レフカメラを含め、ケータイやスマホのカメラでも当たり前に搭載されている機能です。

オートフォーカスの仕組みにはいろいろな種類があります。一眼レフカメラ等で採用されている位相差検出法式というものと、ミラーレス一眼カメラやコンパクトデジカメ、スマホのカメラに採用されているコントラスト検出方式という仕組みです。

何やら難しい言葉が出てきましたが、メカニズムまで説明すると難しくて大変なので、ここでは簡単な説明だけにしています。興味のある人は検索サイトでくぐってみてください。


位相差検出方式
一眼レフカメラ(ミラーレスを除く)で採用されているピント合わせ方式で、レンズを通った画像のズレ幅を計算して、素早く、しかも正確にピントを合わすことができます。一眼レフカメラの素晴らしい機能の一つで、狙ったところでシャッターボタンを半押しにすると、すっとピントが合いますね。

ピント合わせがスッと速いですね。
(ファインダーを撮影しているため、見にくいですがご容赦ください)


コントラスト検出方式
こちらは一旦出力した画像データをコンピューターが解析して、最もピントが合っている箇所をレンズを動かしながら探す方式です。
ピントが合うまでに時間がかかるという弱点がありますが、フォーカスポイントを必要としないため、画面の任意の場所でピントを合わすことができます。
一眼レフカメラでも、液晶モニターを見ながら撮影するモードの場合は、この方式を採用しています。


コントラスト検出方式は遅いですね。



ハイブリッドAF方式
最近のデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼、一部の高級コンデジに搭載されてきたAF方式で、位相差検出方式とコントラスト検出方式を持ち合わせたAF方式です。
何がいいかと言うと、今までピント合わせが遅かった液晶画面を見ながらのピント合わせがとても速くなるという優れた機能。ファインダーを持たないミラーレス一眼などでは特に有効といえる方式です。

しかし、F値を絞ってしまうと遅くなったり、画面の中心付近でないと高速AFが使えなかったりと制限がいくつかあるので注意が必要です。






ラインセンサーとクロスセンサー

一眼レフカメラのAF(オートフォーカス)センサーには2種類あり、それぞれラインセンサー、クロスセンサーと呼ばれています。

詳しく説明すると話が長くなるのでここでは省略しますが、簡単に説明すると、ラインセンサーよりクロスセンサーの方がピント合わせの精度がよくなります。高級機になればなるほどクロスセンサーを採用しているカメラが多くなりますが、最近では入門機でも導入されているカメラもあります。


カタログなどの「仕様」という部分で、フォーカス関係の部分を見てみると、どのセンサーを採用しているか記載されているので気になるようなら確認してみましょう。





露出ってちょっと難しい言い方ですが、簡単に言うと撮像素子やフィルムに光を当てることを露出(または露光)と言います。写真の出来栄えを左右する露出は、絞りとシャッター速度の関係で決まります。
レンズの種類や意味を知る上で最も大切な画角と焦点距離、ここでは画角と焦点距離の関係について勉強していきましょう。新しいレンズを買う時の目安としても役立ちます。
そういえばレンズやカメラを選ぶとき、よく出てくる言葉が「35mmフルサイズ」と「APS-Cサイズ」・・・これっていったいどういう意味?

スポンサーリンク