デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 構図や表現知識を学ぶ > シンメトリー構図

シンメトリー構図



シンメトリーとは「対象」という意味で、左右又は上下に対象となるように構図を配置して撮影する方法です。










左右対称になる人工物撮影に最適

シンメトリー構図は日の丸構図ともちょっと似ていますが、建物や橋など人工物は左右対称となっているものが多いですね。ちょうどファインダーの中心に移動して、綺麗に左右が対称になるように撮影してみましょう。

躍動感はなくなりますが、整列感、奥行き感を表現することができます。








とにかく左右が対称になっているような場面では、シンメトリー構図で何枚か撮影しておくといいでしょう。





水面を挟んで上下のシンメトリーもOK

シンメトリー構図は人工物に多いですが、水面を使って自然物でも上下シンメトリー構図にすることもできます。



湖畔に写る景色や紅葉を鏡のように写す方法です。水平線をちょうど中心に持ってくることで、上下に対象になる写真も素敵ですね。



撮影角度に注意しよう

シンメトリー構図の写真撮影のコツとしては、左右にしても上下にしても、中心をファインダーの真ん中に持ってくる必要があります。真ん中にすることは誰でも容易ですが、角度を水平にするのが容易ではありません。



自分ではまっすぐ撮ったつもりなのに、後で見てみたら「あれっ?斜めになってる!」というのはよくありがちなことです。

手撮りをする場合はしっかりと水平を意識して撮影します。撮影した後は必ず画像を確認し、ちゃんとまっすぐに撮れているかをチェックしましょう。

三脚を使う場合は、ライブビューにしながら構図と水平を確認します。近年のカメラには傾きを画面に表示する機能もついていますので、併用するといいですね。

せっかくのシンメトリー写真も、斜めになっていると台無しなので、角度には十分注意しましょう。




対角線構図は被写体を対角線上に置いたり、対角線上に斜めに撮影したりする方法をいいます。対角線構図も比較的ポピュラーな表現方法で、写真に「動き」「奥行き」を表現できます。
構図について少しでも勉強している方は、聞いたことがある呼び名だと思います。3分割法はカメラ構図の中でも最も基本的な構図で、しかし最も使える構図のひとつです。
日の丸構図はその名の通り被写体をど真ん中に持ってくる表現方法です。構図を全く意識せずに撮っていたり、初心者にはありがちの構図で、何の変化もない平凡な写真になりがちな構図です。

スポンサーリンク