デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 構図や表現知識を学ぶ > 白飛びと黒つぶれ

白飛びと黒つぶれ



よくある失敗写真の例として、白飛びと黒つぶれというのがあります。オートモードで撮影すると、カメラが自動的に適正露出になるように調整してくれますが、環境や被写体の状況によっては明るすぎたり、暗すぎたりする場合があります。




白飛びとは

白飛びとは、本来明るさの強弱がある部分が、白一色となってしまう状態のことをいいます。説明しても難しいので下の写真を見てみましょう。


汽車から出る煙とバックの空、それに左側の家の壁の一部が明るく真っ白になっているがわかります。本来の姿は灰色の煙、青い空、薄緑の壁なのですが、結局すべてが白一色になってしまっていますね。

こうなってしまうと、写真のデータの数値も「白」としか認識せず、後になってレタッチソフトなどで修正しようにも、思うように修正できません。




黒つぶれとは

逆に黒つぶれとは、暗い部分が黒一色となってしまう状態のことを言います。

木の陰の部分や、地面などが黒一色になっているのがよくわかると思います。こちらも暗い部分がすべて黒として画像データになるため、後からレタッチソフトでの修正がとても難しくなります。




白飛びや黒つぶれの原因

露出が合っていない
白飛びの大きな原因のひとつは、露出が合っていない(露出させすぎ)が上げられます。カメラには、被写体の明るさに合わせて自動的に露出値を設定してくれますが、これも万能ではありません。

被写体の明暗が強すぎる
極端な例ですが、トンネルの中から外に向けて撮影したとしましょう。トンネルの中は真っ黒で、外はとてもまぶしいです。こんな状況ではどちらかが真っ黒になるか、真っ白になるかです。
ある程度露出を補正すれば可能ですが、あまりにも明暗が両極端な被写体の場合、限界があります。

カメラのCCDにはダイナミックレンジというのもがあります。簡単に説明すると、白飛びの限界から黒つぶれの限界までの幅の大きさのことをいいます。この幅が広ければ広いほど明暗両極端な被写体でも白飛びや黒つぶれしにくくなりますが、それでも限界があります。



白飛びや黒つぶれを防ぐには

白飛びや黒つぶれを無にするというのは不可能ですが、ちょっとしたコツで不要な白飛び・黒つぶれを軽減したり、防いだりすることはできます。

露出設定を変えて何枚も撮影する
これが一番重要になってきます。詳しくは後ほど説明しますが、一眼レフカメラにはヒストグラムというものがあります。このグラフの見方を覚えておくと、撮影した後すぐに白飛びしているか、黒つぶれになっていないかを確認できます。
このとき、露出補正機能を使って露出を1段上げたり下げたりして撮影すると、適正な露出となる場合があります。とにかくたくさん設定を変えて撮影してみましょう。


逆光を避ける
逆光状態はそれだけで背景がとてもまぶしくなります。そこへ暗い被写体を撮影すると、背景は必ずといっていいほど白とびしますし、逆に背景に明るさを合わせると、被写体は真っ黒になります。
そんな状況下では、逆光を避けたり、フラッシュを使うなどして暗い部分を明るくするようにしましょう。



白飛びや黒つぶれをなくすためにこだわりすぎるのは×

写真には正しい答えというのはありません。あえて白飛びしている部分や黒つぶれをしている部分を作って作品にするのもひとつのテクニックです。

とても見苦しく、明らかに露出に失敗しているものを除いては、それほどこだわる必要はありません。あまり意識しすぎると返って不自然な写真になることもありますので、ごくごく自然な写真になるように心がけるのが上達するコツです。


写真のように手前の木々をシルエットにするような黒つぶれは十分ありなのです。



カメラの液晶画面や、画像加工ソフトなどで、写真とともに現れるグラフのようなものを見たことはありますか?
デジカメ用語でダイナミックレンジと呼ばれるものがあります、ダイナミックレンジとはCCDが感じとることができる最も明るい部分と暗い部分の範囲のことをいいます。
せっかくお気に入りの写真を撮ったのに、家に帰ってパソコンで見てみると「うっそ~!」なんてことありませんか?

スポンサーリンク