デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 初心者のカメラ基本用語 > 絞りとは

絞りとは



まずはデジイチでは欠かせない絞りについて説明していきましょう。ここで説明する絞りと後に説明するシャッター速度は、撮影の基本中の基本です。

一眼レフカメラを扱う上で、この二つの意味はしっかり覚えておく必要があります。ここでは絞りについて勉強していきましょう。




絞り羽根で光の量を調整する

写真というのは、レンズを通った光を一定時間フィルムやCCDに当てることで出来上がります。

レンズには光の入り具合を調整できる穴があります。 これは猫の目のように大きくしたり小さくしたりすることができ、撮影する場所の明るさや条件などによって、穴の大きさを調整しなくてはいけません。 この穴は絞り羽根という機構で大きくしたり小さくしたりできます。


レンズを通った光は絞り羽根を通ることで光の量がコントロールされ、イメージセンサーに当たります。


この絞り穴を大きくすることを絞りを開けるといい、その逆、つまり穴を小さくしていくことを絞り込むと言います。 一般的なデジカメなどではカメラが自動的に周りの光や設定などに応じて絞る量を決めてくれているので、何気なく撮っている普通のコンパクトデジカメにもこの機構が採用されています。


羽根を全く使用していない状態を開放といい、そのレンズにおいて目一杯光を取り込むことができます。この開き具合はF値という単位で表され、開き具合の指標として扱われます。




絞り羽根の構造

絞り羽根は各レンズに搭載されていて(カメラ本体ではない)複数の羽根を組み合わせて光の通る量を調整できるようになっています。

絞り羽根の枚数はレンズによって異なりますが、だいたい6~9枚の羽根構成になっているものが多く見られます。
絞った時の穴の形状ができるだけ円形に近い状態になっているものを円形絞りといい、ボケ具合が美しくなります。高級タイプのレンズにはこの円形絞りが採用されているものが多く出回っています。
逆に円形にならない絞りのタイプを多角形絞りといいます。



なぜ絞り羽根が必要なのか

絞り羽根が必要な理由はいくつかあります。

適正に露出させるため
例えば日中の明るい屋外で撮影したらとても眩しいですね。そんな状態で絞りを開放したまま撮影したらイメージセンサーに光が当たりすぎて写真が真っ白になってしまいます。そんなときは程よく絞って光の入る量を調整しなくてはいけません。光の量をうまくコントロールして適切な写真ができるのです。

被写界深度のコントロール
被写界深度って難しい言葉が出てきましたが、(被写界深度についてはこちらもご覧ください)簡単に説明するとピントが合って見える範囲のコントロールができるということになります。
絞りを開くとピントが合って見える範囲が狭くなり、逆に絞り込むと範囲が広くなります。一眼レフ特有の「ボケ」の強い写真に仕上げる場合はできるだけ開放で撮影し、景色など全体的にピントが合ったシャープな写真に仕上げたい時は絞り込んで撮影したりします。詳しくはこちらもご覧ください。

慣れてくると、この絞り値を自在に操っていろいろな写真を楽しむこともできますが、初心者には少し難しいので、とりあえず絞りとは光の通り具合を調節するものと簡単に覚えておきましょう。




シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。言葉で説明するのはちょっと難しいですが、シャッターが開いてる時間といった方が分かりやすいかもしれませんね。
ちょっと難しい言葉ですが、簡単にいうと「ピントが合っている範囲」のことを言います。 厳密に言うとピントが合う部分は範囲ではなく線になりますが、人間の目から見てくっきりしている範囲が被写界深度となります。
コンパクトデジカメや携帯のカメラではなかなか表現できない背景をぼかす写真は、一眼レフカメラの得意分野です。

スポンサーリンク