デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラとは

最終更新日:2019年5月2日

近年では、デジタル一眼レフカメラの高性能化や低価格化に続き、小型化やお洒落なデザインも多くなり、幅広い層で楽しむことができるようになってきました。
漠然と「デジタル一眼レフカメラはイイ」っていうのは聞いたことがあるけれど、スマホのカメラでも十分綺麗に撮ることができますし、いったいどの辺が魅力的なんでしょうか。
ここではデジタル一眼レフカメラの特徴を中心に、コンデジやスマホのカメラとの違い、デジタル一眼レフカメラの仲間についてご紹介したいと思います。デジタル一眼レフカメラに興味のある方はまずここをお読みいただけると幸いです。

撮像素子(イメージセンサー)が大きい

撮像素子とはレンズを通った像を電気信号に変える、いわばフィルムのような役割がある部分。画質を左右する要素として、撮像素子の大きさが関わっています。


上の表は撮像素子の大きさ比較です。デジタル一眼レフカメラにはフルサイズやAPS-Cが採用されており、見ての通りかなり大きいのが分かります。一方でコンデジ(コンパクトデジカメ)やスマートフォンの撮像素子はとても小さいですよね。これだけ大きいと光を多く感じ取れるようになるため、きめ細かく記録できるようになります。

多彩な交換レンズがある

デジタル一眼レフカメラのもう1つの大きな特徴としては「レンズが交換できる」ことが挙げられます。コンデジなどでもズーム機能などはあるものの、レンズを交換することはできません。広角レンズや望遠レンズ、単焦点レンズやマクロレンズなど、そのシーンに特化したレンズと交換することで撮影の幅を広げることもできますし、レンズ集めも楽しみの1つです。



「ボケ」が手軽に撮影できる

背景がふわっとボケるのも、イメージセンサーが大きいデジタル一眼レフカメラにしかできないメリットの1つ。近年ではスマートフォンでも2つのレンズを使って疑似的に被写界深度のコントロールができるようになってきましたが、所詮はアプリで2つの写真を合成しているだけのものです。
デジタル一眼レフカメラではスマホでは真似できない自然なボケを手軽に撮影することができます。ポートレートや料理の写真でも活躍し、撮影が楽しくなります。




暗い場所での撮影に強い

イメージセンサーが大きいデジタル一眼レフカメラは、高感度撮影も得意です。コンデジやスマホでは暗い場所で感度を上げるとノイズが酷くなりますが、デジタル一眼レフカメラなら少々感度を上げても大丈夫。室内や暗い場所でも高画質に撮影できます。


薄暗い室内でもISO感度を上げれば手持ち撮影も可能。

素早いピント合わせでシャッターチャンスを逃さない

デジタル一眼レフカメラのもう1つの大きな特徴としては「レンズが交換できる」ことが挙げられます。コンデジなどでもズーム機能などはあるものの、レンズを交換することはできません。広角レンズや望遠レンズ、単焦点レンズやマクロレンズなど、そのシーンに特化したレンズと交換することで撮影の幅を広げることもできますし、レンズ集めも楽しみの1つです。

カメラのシャッターボタンを半押しにすると、被写体にピントが合いますよね。これはオートフォーカスといって、カメラが自動でピントを合わせてくれます。このような機能はほとんどのカメラに搭載されていますが、一眼レフカメラは専用のAFセンサーを搭載しているため、普通のコンパクトデジカメに比べて、とても早くピントを合わせることができます。

また、一眼レフカメラの高性能なAFセンサーはピントがずれている距離も把握できるため、動いている被写体に対してもピントのずれを計算し、予測してピントを合わせ続けることも可能、このような機能は一眼レフカメラの得意分野です。動く被写体にはデジタル一眼レフカメラは強いです。

ミラーレス一眼と一眼レフの違い

現在急速にシェアを伸ばしつつある「ミラーレス一眼カメラ」ですが、ミラーレス一眼と一眼レフって違うものなのでしょうか。


上の図は一眼レフカメラの構造です。レンズからの像が直接ファインダーで見れるように、鏡やプリズムなどで反射させる構造になっています。一眼レフカメラは光学ファインダーを搭載しています。


この図はミラーレス一眼カメラやコンパクトデジカメの構造です。ミラーレスとは「ミラーがない」という意味なので、像を直接イメージセンサーに当てて、その画像を液晶画面などに映す構造になっています。光学ファインダーはなく、内臓または外付けの電子ファインダーで像を見ます。

構造上ミラーレス一眼のほうがコンパクトに作れるため、持ち運びのしやすさではミラーレス一眼に軍配が上がります。見やすい光学ファインダーを搭載している一眼レフカメラは、構図作りに集中できるほか、長時間見ても疲れにくいので、スポーツや動く被写体の撮影に向いています。
ライブビュー撮影をしない限り、一眼レフカメラのほうがバッテリーは長持ちします。

デジタル一眼レフカメラとは まとめ

・コンデジやスマホに比べるとイメージセンサーが圧倒的に大きく高画質
・多種多用なレンズと交換できる
・ボケが手軽に撮影できる
・暗い場所での高感度撮影も画質が低下しにくい
・特に動く被写体に対してピント合わせがしやすい
・ミラーレス一眼との違いは反射鏡と光学ファインダーがあるかないか

デジタル一眼レフカメラの特徴についてご理解いただけましたでしょうか。上記を参考にデジタル一眼レフカメラの魅力を知っていただき、検討していただければ幸いです。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP