デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 一眼レフを使ってみよう > 一眼レフの名称やボタンを覚えよう

一眼レフの名称やボタンを覚えよう



「デジタル一眼レフカメラを買ったけれど、あれこれボタンやダイヤルがあってよくわからないよ。」、「たくさんボタンがあって操作が難しそう。」
言われるようにデジタル一眼レフカメラにはたくさんのボタンやダイヤルがあります。

最初から全部覚えるのではなく、少しずつ体で覚えていくのが一番、あれこれ使っているうちにそのうち指が勝手に動くようになってきます。

まずは基本的なボタンやダイヤルなどの解説をしていきましょう。




カメラ正面



シャッター
これはコンパクトデジカメなどと同じですね、半押し状態でピントを合わせて、さらに押し込んでシャッターを切る仕組みです。

電子ダイヤル
各種設定の切り替えや再生する画像移動など、くるくると回転させて使います。特にシャッター速度や絞りの数値を可変させるときには多く使いますね。また、他のボタンを押しながらダイヤルを回すことで一度に複数の設定を片手ですることも可能です。

内臓フラッシュ
夜間のフラッシュ撮影や、逆光時の影補正などに使う。いわゆるストロボです。普段は格納されていて、使うときだけ自動的にポップアップ(起き上がり)したり、手動で出すこともできます。

ストロボボタン
オートモード撮影以外で、フラッシュを使いたいときには、このボタンを押すことで手動でフラッシュを起動できます。

交換レンズ
ここは様々なレンズと交換できます。






カメラ上部



ISO感度設定ボタン
このボタンを押しながら電子ダイヤルを回すことで任意のISO感度を選ぶことができます。ちょっと慣れてきたらガンガン使いましょう。

電源スイッチ
使うときはONに、使わないときはOFFにしておきます。ただしコンパクトデジカメと違い電源を入れっぱなしでもそれほど電池は減らないので、切るのを忘れても心配しすぎる必要はありません。

モードダイヤル
一番お世話になることが多いダイヤルです。ここを切り替えることで、全自動にしたり、シーン別の設定にしたり、任意の設定モードにしたりと、撮影するモードを切り替えるダイヤルです。詳しい説明は「撮影モードの解説」もご覧ください。

アクセサリーシュー
大型のストロボなどをオプションで取り付けるための部分です。普段は必要ない部分ですが、接点にはホコリや汚れがたまりやすいので、定期的に掃除しましょう。




カメラ背面



カメラ背面は一番ボタン類が多く、一度に全部覚えるのは不可能です。機種ごとに配置なども違いますが、基本的な機能はどのメーカーもほぼ同じです。メーカー特有の機能は別として、初心者向けの基本的な部分だけにしてあります。

メニューボタン
各種設定や調整などを行うメニュー画面を呼び出すボタンです。右下にある十字ボタンと真ん中のSETボタンなどで調整・決定を行います。

ファインダー
一眼レフカメラはここをのぞいて撮影するのが基本です。

視度調整つまみ
意外に知られていない機能で、自分の目の視度に合わせてファインダーの四角い枠が鮮明に見えるように調整します。メガネやコンタクトなどは、つけた上で調整します。これの調整がしっかりできていないと、ピントが合っているのにボケて見えたりします。

ライブビューボタン
最近のデジタル一眼レフにはついている機能で、コンパクトデジカメのように液晶画面を見ながら撮影することができます。

露出補正ボタン
手動で露出補正を行うことができます。このボタンを押しながら電子ダイヤルを回して調整します。

ホワイトバランス調整ボタン
手動でホワイトバランス調整を行うときに使うボタンです。調整を間違うと実際の色と違った出来栄えの写真になります。

AFモード切替ボタン
ピント合わせのモードを切り替える際に使います。普通にピントを合わせるワンショットや、動いているものにピントを合わせ続けるAIサーボモードなどがあります。

ドライブモード・セルフタイマー設定ボタン
1枚撮影や連写撮影、セルフタイマーの設定などが行えるボタンです。

ピクチャースタイル設定ボタン
人物撮影や風景など、被写体に合った色やコントラストなどを変更する機能です。最適にすることで、より仕上がりのよい写真になります。

再生ボタン
撮影した画像を後から確認するための再生ボタンです。十字キーや電子ダイヤルで送ることができます。



ボタンの機能や位置は少しずつ覚えればOK

これだけざっと説明してきましたが、初心者の方には「やっぱり無理かも」と思えるくらい盛りだくさんな内容ですね。

しかし、これらの機能を一度の覚えるのは誰だって無理です。以上の説明はある程度中級レベルな機能も入れてありますので、挫折せずに少しずつ覚えてきましょう。

まず最初に覚えるべきボタンなどは、赤字でご案内していますので、これらを先にマスターしてしまいましょう。




一眼レフカメラは一般的なコンパクトデジカメとは違い、基本的なカメラの持ち方、構え方があります。間違った構え方をするととても使いにくかったり、手ぶれの原因などにもなります。ここでは正しい一眼レフカメラの構え方を覚えましょう。
一眼レフカメラをはじめたばかりの方、長年なんとなく一眼レフをやっているけれど、なかなか上達しないなあと思っている方、ここでは上達への近道をご案内したいと思います。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク