デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 構図や表現知識を学ぶ > 対角線構図

対角線構図



対角線構図は被写体を対角線上に置いたり、対角線上に斜めに撮影したりする方法をいいます。対角線構図も比較的ポピュラーな表現方法で、写真に「動き」「奥行き」を表現できます。

ちょっと意識するだけでいい感じになるので、ぜひやってみてください。

対角線構図とは


対角線構図とは、上の図のようにファインダーの隅から対角線上に線を引き、その線に沿って被写体を配置する考え方です。被写体を乗せる方法と、カメラ自体を傾けて撮る方法などいろいろあります。





奥行きを再現する


遠近感を活用して奥行き感を再現するときや、被写体をダイナミックに見せる時にはこの方法がよく使われます。写真のようなブリッジや鉄道写真なども対角線構図がピッタリですね。


側溝と雰囲気ある壁を撮影しました。これも対角線構図を使うことで、奥行きと動きが表現されます。


コスモスとあぜ道を対角線で分断しました。



これは風景や街並みを再現するときによく使います。2つの対角線をフルに使って奥行きを表現します。コツはしゃがんだりしてローアングルで撮影すると上手に撮れます。




被写体をダイナミックに見せる


滝を見上げた写真にしましたが、滝と空を対角線上に配置しました。奥行きが天を向いていますので、ダイナミック感が出ます。



これも木の幹を対角線上になるように配置しました。木が覆いかぶさってくる様子がよく伝わります。




何気ないモノも斜めにすると雰囲気が変わる


これは料理の写真ですが、これもまっすぐ撮影するより対角線上に配置すると平凡な写真も違って見えます。



こちらも手洗いの柄杓を斜めに撮影、これも奥行き感が出てますね。規則正しく並んでいるものを撮影する場合もこの手段は有効です。



お肉と野菜が対角線上に並びました、おいしそうに見えますね~



まずは対角線上に置くように意識してみよう

あまり難しく考えずに、とにかく対角線上に被写体を並べてみたり、対角線で分割してみたりしながら試してみましょう。特に景色や均等に並んでいるもの、奥行きを表現できそうな被写体なら試してみる価値ありです。

絶対に四隅から対角線上に配置する必要はありません、少々ずれてもそれが一本の線として表現できていればOKです。

ただ、なんでもかんでも対角線上に並べてもいいというわけでもなく、人間の水平感覚で違和感が出るような構図は変になってしまうのでおすすめできません。

対角線構図がマスターできるようになれば、平凡な写真がぐっと引き締まりますので、是非試してください。





カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
日の丸構図はその名の通り被写体をど真ん中に持ってくる表現方法です。構図を全く意識せずに撮っていたり、初心者にはありがちの構図で、何の変化もない平凡な写真になりがちな構図です。
シンメトリーとは「対象」という意味で、左右又は上下に対象となるように構図を配置して撮影する方法です。

スポンサーリンク