デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 一眼レフカメラを知ろう > デジタル一眼レフとは

デジタル一眼レフとは



確かに「デジタル一眼レフってイイ」というのはよく分かるけど、普通のコンパクトデジカメと比べてどの辺りがいいんだろう。
ここでは一般的なコンパクトデジカメと比較して、デジタル一眼レフカメラの魅力についてご紹介していきましょう。




構造の違い

一眼レフカメラとコンパクトカメラでは、構造が少し違います。まずは図を見ながら構造の違いを少し確認しておきましょう。

一般的なデジタルカメラやミラーレス一眼カメラの内部構造


上の図は、コンパクトデジカメミラーレス一眼カメラの断面です。このようなカメラは、レンズを通った光がそのまま撮像素子(光を受けるフィルムの役目をする部分)に当たり、それをカメラに内蔵されたコンピュータが液晶画面へ画像を映し出す仕組みです。

上位クラスのデジタルカメラや、一昔前のデジタルカメラには、液晶画面とは別にファインダーがついているものもありますが、液晶画面を見ながら撮影するスタイルが一般的です。



デジタル一眼レフカメラの内部構造


続いてデジタル一眼レフカメラの構造です。
デジタル一眼レフカメラは、カメラの中に反射する鏡が入っていて、ファインダーから見た画像がそのまま写真として写ります。液晶画面を見ながら撮影するのと違い、ピント合わせや構図の確認が容易で撮影にとても集中できます。
反射部にペンタプリズムペンタミラーなど、プリズムガラスや複数の鏡によってファインダーからはレンズの視点と全く同じように見ることができるわけです。

また、ほとんどのデジタル一眼レフカメラは従来のコンパクトデジカメのように液晶画面を見ながらの撮影も可能です。




撮像素子が大きい

画質の良し悪しは画素数に関係していると思っている方が多いようですが、実は撮像素子が大きいほど高画質に撮影できます。

撮像素子って何?
撮像素子(イメージセンサー)とはレンズに写った画像(つまり光)をデジタル信号に変換する部分・・・簡単に言うとフィルムの役割のことで、これが大きくて高性能かどうかで画質は左右されます。いわばデジカメで一番大事な部分でもあります。
撮像素子が大きく高性能なほどデジカメの価格も高くなります。




フルサイズ(35mm判サイズ)
一番左のピンク色の大きい35mmフィルム型の撮像素子はとっても大きく、高画質撮影、低ノイズ撮影ができます。デジタルカメラが普及する前のいわゆる35mm判フィルムと同等の大きさです。
この大きさの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラはハイアマチュアやプロ仕様のものが多く、値段も数十万円するものばかりです。超高画質でボケやすく高感度で暗闇にも強い憧れのカメラですが、一般の人にはなかなか手が出せないですね。

APS-Cサイズ
水色のAPS-Cサイズの撮像素子は、中級機や入門機で主に出回っている一眼レフカメラの撮像素子です。35mm版と比べると小さいですが、これでもかなりの高画質で撮影できますね。Canonやニコン、ソニーなど多くのミラーレス一眼カメラもこのサイズの撮像素子を採用しています。

フォーサーズ・マイクロフォーサーズ
オリンパスやパナソニックなどから発売されているマイクロ一眼・ミラーレス一眼カメラに使われている撮像素子はフォーサーズといいます。APS-Cよりひとまわり小さいフォーサーズやマイクロフォーサーズという規格サイズがあり、オリンパスやパナソニックのミラーレス一眼カメラの撮像素子はこれくらいのものが多いです。

1/2.5型サイズ
一番右のオレンジ色の小さい撮像素子は、1~3万程度で売っている一般的なコンパクトデジカメや携帯・スマートフォンのカメラなどに使われている撮像素子です。同じ画素数でも撮像素子が大きいほど高画質になるので、記録という意味では便利なカメラ付きケータイも、高画質な作品を撮影する上では不向きですね。

このようにいろいろなサイズがありますが、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに使われている撮像素子は大きいものが多く、高画質撮影が可能です。




たくさんの交換レンズがある

デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラのもうひとつの特長といえば、レンズが交換できることです。

広角レンズや望遠レンズ、マクロ(接写)レンズなど様々なレンズを交換することができるので、用途によって様々な撮影ができます。同一メーカーや汎用タイプのレンズで規格が一致すれば、デジタル一眼レフカメラ本体を買い換えてもレンズはそのまま使えます。

シーンや場所に応じてレンズを交換して撮影すれば コンパクトカメラでは決して表現できないバリエーション豊かな写真を撮ることができます。
「初心者でも数種類のレンズを使いこなす」のが上達への近道です。

本体とレンズ
様々なレンズを交換して納得のいく写真を撮影してみよう

レンズについてはこちらの記事も是非お読みください。



感度を上げても高画質

撮像素子が大きいデジタル一眼レフカメラは、光を感じ取る能力が一般のコンパクトデジカメに比べると圧倒的に高いため、暗い場所でも高画質で撮影できるほか、ISO感度を上げても画質が劣化しにくいため、暗い場所で感度を上げても高画質で撮影できます。


暗い夜景写真
感度が低いと夜景も真っ暗です。

きれいに撮影できた夜景写)
コンパクトデジカメでは感度を上げるとノイズが多く画質が悪くなりますが、デジイチならある程度感度を上げても高画質で撮影できます。 感度を上げることにより、速いシャッターでも撮影できるため、三脚を使わずに夜景撮影も可能、コンパクトデジカメの夜景モードとは比べ物にならない高画質です。

明るいレンズを使うことで、さらにシャッター速度を上げて撮影もできますね。




素早いAFでシャッターチャンスを見逃さない

カメラのシャッターボタンを半押しにすると、被写体にピントが合いますよね。これはAF(オートフォーカス)といって、カメラが自動でピントを合わせてくれます。このような機能はほとんどのカメラに搭載されていますが、一眼レフカメラは専用のAFセンサーを搭載しているため、普通のコンパクトデジカメに比べて、とても早くピントを合わせることができます。

また、一眼レフカメラの高性能なAFセンサーはピントがずれている距離も把握できるため、動いている被写体に対してもピントのずれを計算し、予測してピントを合わせ続けることも可能、このような機能は一眼レフカメラの得意分野です。

動く被写体には特にデジタル一眼レフカメラは強いです。



一眼レフの醍醐味「ボケ」が手軽に撮影できる

撮像素子が大きいため、一眼レフはコンパクトデジカメに比べて背景をぼかすのが非常に得意です。このボケを使った撮影は、一般的はコンパクトデジカメではなかなか再現できません。


近くにあるものをグッとひきつけ、背景をきれいにぼかす写真は、なかなかコンパクトデジカメでは表現できません。



一眼レフカメラの良さ・・・少しはお分かりいただけましたでしょうか。



シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。言葉で説明するのはちょっと難しいですが、シャッターが開いてる時間といった方が分かりやすいかもしれませんね。

ちょっと難しい言葉ですが、簡単にいうと「ピントが合っている範囲」のことを言います。 厳密に言うとピントが合う部分は範囲ではなく線になりますが、人間の目から見てくっきりしている範囲が被写界深度となります。

スポンサーリンク