デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 月を撮影してみよう

月を撮影してみよう



最も手軽な天体写真 お月様を撮ってみよう


最も手軽な天体写真のひとつに、お月様があります。天気が良ければほぼ毎日見ることも出来ますし、満月や半月、三日月などその姿も 様々です。でも初心者にとってはなかなか難しい月の撮影ですが、コツをつかんでマスターしちゃいましょう。


tuki1.jpg(16900 byte)
満月もいいですが、半月や三日月もいいですね~。


必要なもの
望遠レンズ(焦点距離が200mm以上のものが望ましい)
三脚
レリーズ(なくても可)

まず望遠レンズは天体撮影では必要不可欠で、広角レンズではとても小さくなってしまうので望遠レンズが必要です。 焦点距離は200mm位のものがあればOKです。

ただしファインダーいっぱいに写るわけではなく、望遠レンズを使っても小さく写ってしまいます。

それから三脚も必要です。特に望遠側での撮影は手振れがひどくなりますので、三脚で固定します。レリーズがあれば カメラに手を触れずにシャッターを切れるのでブレが全くありませんが、なければセルフタイマーでも代用ができます。

レリーズって何?
レリーズとは、簡単に言うと外付けのシャッターですね。端子をカメラに取り付ける有線タイプが一般的ですが、遠隔操作ができるリモコンタイプのものもあります。
有線タイプのものは半押しも可能なので、何かと便利なので、私は有線タイプの物をおすすめします。
カメラに触れずにシャッターが切れるので、カメラがブレることなく撮影できますね。
三脚を使って、シャッター速度を遅く撮影する夜景や花火の撮影、望遠レンズでの撮影にはなくてはならないアイテムです。




条件とコツ

基本条件
撮影モード:マニュアル撮影モード(Mモード)
絞り:F8くらい
シャッター速度:1/50~1/800 いろいろ試す
ISO感度:100~200(三脚を使わない場合は400以上で)
ホワイトバランス:オートか太陽光
画像サイズ:一番大きいものを設定する

月は結構明るいので、夜景撮影ほど長いシャッター時間は必要ありません

まず、撮影モードをマニュアル(Mモード)にして、絞りをF8くらいに設定します。

次にシャッター速度を まずは50分の1秒程度に設定(満月なら100分の1くらいから)します。月は太陽の光が当たって光っているので、ホワイトバランスを「太陽光」に設定すると、人の見た目のような 黄色いお月様になります。オートに設定すると少し白っぽくなります。

当たり前のことですが、フラッシュを使っても光は月まで届きません、フラッシュは「OFF」で

月の撮影で最も難しいのがピントあわせです。ピントを合わせるAFフレームを中心固定にして、きっちり月へ中心を合わせてシャッターを半押しにします。 ファインダーを見ながら、ちゃんと月にピントが合っているかを確認します。

一度月にピントを合わせたら、AFスイッチをマニュアル(MF)にしておけば、ピントがずれることもありません。

ピント合わせができたら、レリーズかタイマーを使ってシャッターを切ります。



条件を変えて撮影・すぐに確認を繰り返す

月撮影の基本は、「設定や条件を変えて何枚も撮ること」です。月も満月と三日月では明るさが違います。ですので、条件を変えて何枚も 撮影してください。管理人も1度の撮影で50枚くらい条件を変えて撮影し、良いものを選んでいます。1,2枚の撮影では絶対納得のいくものはできません。

撮影が終わったらすぐに再生、拡大して確認します。月が明るすぎて白っぽい場合はシャッター速度が遅いので、100分の1、200分の1・・・と徐々に速めていきます。1段速度を上げて確認、更に確認といった具合に、撮影が終わるごとに再生画面で確認し、一番良いところを探します。

シャッター速度100分の1 「明るくて真っ白だ」


シャッター速度250分の1 「これでもまだ明るいや」


シャッター速度400分の1 「これくらいがベストかな?」


シャッター速度800分の1 「ちょっと暗い目かな?」


上の写真のように出来栄えは人の好みにもよりますので、シャッター速度を変えて何枚も撮影し、ここぞという仕上がりを見つけてください。

また三脚が準備できず、手で撮影する場合は、ISO感度を400~800程度まで上げて、シャッター速度をなるべく早くします。

月はかなりの速さで動いています。同じ位置で撮影しているとどんどんファインダーの中央から離れていくので、三脚を使っている場合はその都度向きを調整して撮影しましょう。



オートで撮影すると失敗してしまう

全自動等で月を撮影すると、下の写真のように真っ白の玉のようになります。これはカメラが月だけでなく、真っ暗な空の明るさも考慮してしまうため、明るく撮ろうとしてしまうことが原因です。



オートモードで撮影してしまうと。カメラが自動的に「明るく撮ろう」としてしまうため、真っ白になってしまいます。



トリミングで要らない部分はカット

よほど所定距離の大きいレンズを使わない限り、画面いっぱいに月の写真を写すのは不可能です。200mmの望遠レンズでも 実際に月が写っている部分はごくわずかです。パソコンなどを使って不要な背景を取り除き、トリミングして残しておきましょう。

tuki3.jpg(4741 byte)
これが200mmで撮影した無加工の状態。月以外の背景が広すぎて、月がわからない。

tuki2.jpg(27957 byte)
不要な部分をカットして、月を等倍表示させました。本来の月の姿が良く見えます。



単に月を撮るだけが月の撮影じゃない



単に月を拡大したものが月の写真ではありません。こういった夕暮れの月もオツなもです。周りの景色を入れればこんな月の写真もアリですよ。





好評だったよくある失敗写真例第2弾をご案内させていただきます。自分の撮ってしまった失敗写真と見比べて勉強していきましょう。
マニュアル撮影モードは、自動露出機能を使わずに、絞りやシャッター速度を任意の数値に設定して撮影ができます。
シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。言葉で説明するのはちょっと難しいですが、シャッターが開いてる時間といった方が分かりやすいかもしれませんね。